おえかきのーと

ネット上にある絵の描き方をまとめたりしています(まとまっていない)。ほぼブックマークです。

絵のサイズ・解像度

  • pixivにあげるサイズ

長辺1000を目安に。これは11インチのPCで見たときに全体が見れるくらい。他の人たちが上げているサイズが大体このくらい。

  • 作業する時のサイズ

二倍のサイズで描いて後から縮小するか、そのままのサイズで描くのがよさそう。あんまり大きいサイズで描くと縮小した時の劣化でがっかりするので大きすぎないほうがよさげ。

解像度はネットに上げるだけなら72dpi、印刷するかもしれないなら300dpi以上で。

 

 

知っておくとよいいくつかの用語

  • ドット

ドットとは、ディスプレイやプリンタで文字や画像を構成する最小単位となっている点のことである。

  ドットとは - 画像技術用語 Weblio辞書

  つまり、ハード上の最小単位。

  • pixel・画素

コンピュータで画像を扱うときの、色情報(色調や階調)を持つ最小単位、最小要素。

  ピクセル - Wikipedia

  つまり、ソフト上の最小単位。

  • dpi

dpi(ディーピーアイ、DPIとも表記)とは、dots per inchの略で、ドット密度の単位である。1インチ(1平方インチではない)の幅の中にどれだけのドットを表現できるかを表す。

通常、良好な視認結果を得られるドット密度としては、コンピュータ用ディスプレイにおいては72~96程度が想定されている場合が多い。

雑誌など印刷物においては、最低300dpiが必要である

         dpi - Wikipedia

(ソフト上の解像度を考えるのにハード上の最小単位を使うのはなぜ…?ピクセルを使うべきでは…?と思ったけれど、

 ディスプレイでは、多くの場合、ピクセルとドットが1対1で対応するので、ppiはdpiに等しい。そのため、ppiとdpiは同じ意味で使われる。

  ppi - Wikipedia

とのこと)

 

 

参考に。

twitter.com